2012年10月15日

理系と語学系の志願者が増えている受験

いま、理系と語学系の志願者が増えています。

http://news.mynavi.jp/news/2012/10/01/066/

なぜでしょうか。
国際関係学が人気となっているのも納得がいきます。日本は人口減少で消費も先細りです。消費が減れば給料だって減っていきます。払える給料が減ればリストラだって増えてくるでしょう。最近いろんなお店で外国人をターゲットにしているお店が多いと思います。例えば秋葉の電気店などにいけば、中国語も目立つものと思います。日本で働いていたって、海外の人と会話できたり、その国の人の背景などを理解していれば、より海外のお客様との関係がうまくいくかもしれません。今後、海外に目を向けた企業についたほうがうまくいくだろうという考えのもと志願者がふえているのかもしれません。

理系が増えているというのは、手に職を持ちやすいからだと思います。薬剤師など今後も高齢化していく日本では強いでしょう。今後の日本や状況をみて、志願者数に変化が出てきているものと思われます。

さて、あなたは将来どうなりたいか、どうなると有利で幸せになるかという事を、日本がどうなっていくかという事を考慮にいれながら考えていますか?














posted by akane at 14:18| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

なぜ、勉強しなくちゃいけないの?

なぜ、勉強しなくてはいけないのでしょうか?

ある人はいいます。「いい学校に入ればいい給料がもらえて安泰に暮らせる。」
「いい学校の人がどんどん出世していく。だから、勉強していい学校に入らなくちゃいけない。」

これは、今の日本にはあまり当てはまらなくなってきています。
これはもはや昔の話です。

過去、パソコンで天下を取っていたNEC。当時は誰もがうらやむ一流企業。
数年経てばこうです。一生懸命勉強してNECに入った。その当時、
大規模なリストラにあうなんて思っていたでしょうか。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-10-09/2012100906_01_0.html

一流企業ですら、盛者必衰。
過去に一流と呼ばれていた企業も、どんどん凋落しており、リストラを余儀なくされています。

一生懸命勉強して、いい学校に入ったからといって、幸せになるとは限りません。
人とうまくやっていく能力だって必要ですし、うまくやっていたからといって、
今、一流企業と呼ばれるところには入れたとします。けれど、人の欲望は果てしないものです。
そのうち、人が経営している会社で働いている事に不満を持つようになるかもしれません。

社員は株主のためにはたらいているという見方もできるのですから。

では、どうして勉強するのか?

それは、NHKでやっていたのですが、ネパールのバンブー学校の特集でした。

相当安く、だれでも学習できるように竹で組み立てた学校を作っている人がネパールにいます。
その関係者でしょうか。勉強する理由をこういっていたのを覚えています。

「勉強していない人が河をみると、ただ漠然と河がみえるだけ。しかし、勉強した人がみると
 革から(水力で?)電気ができたりと活用する知恵がつくのです」


電気であったかは忘れましたが、発想が浮かんでくるという事です。

勉強とは、強いて勉学するという、なんだか受け入れがたい表現のため、
情報収集と捕らえれば、これは、こんな事と似ていると思います。

ゲームの攻略本を見て情報収集する。
 →攻略本を情報収集した人より、ゲームを早くクリアできる。

料理本を読む
 →良い料理がつくれたり、残った食材で一品作る知恵がつく。

身近に考えればこんな事だと思います。要は、情報収集(学習)すればするほどうまくいく。

うまくいったほうが人生楽しいですよね。うまくいかずに辛いよりは。

だから、楽しく、幸せになるための確率を高めるために勉強するんだとおもいます。

勉強(情報収集)しなければどうでしょう。
人に騙されて、泣き寝入りする確立が高まるでしょう。
村から出てきた、村人は相場を知らないばっかりに、二束三文で、山で採った物産品を
町の人に売ってしまう。勉強していれば、もっと高く売る事ができるのです。
読み書きができないから、相場表さえ読めない。だから、買い叩かれてしまうのです。

悲劇です。これはマイナス面ですが。プラス面としては、知れば知るほど、
人生楽しい事が増えるのではないでしょうか。英語をすれば、会話できる人がグッと増えて、
世界旅行が簡単になる。海外でのビジネスチャンスのアイデアがひらめくかもしれません。

あなたがしたいことが出来るように、あなたが「どうなりたいか」を実現させるための
手段という事を意識して勉強をするのが良いと思います。

高校生であれば、なりたい自分を思い浮かべてどういった大学に入れば実現するかを考える事も有益です。
私立大学偏差値一覧のサイトなどで大学のレベルを確認したりパンフレットを貰うえばやる気も出てくるかもしれません。


posted by akane at 13:58| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2012年10月07日

大学受験とストレス

私の場合大学受験中に、頭が禿げました。
禿げたと言っても、全体的に本数が少なくなってカスカスな状態となりました。

久しぶりにあった友人に、頭をチラ見されました。
友人はすぐに目をそらしました。全体的に他の話題を話していて、頭の事には触れてきませんでした。

頭が禿げる前は、前髪を立てていました。
頭が禿げた後は、前髪が立たなくなりました。
密度が薄いため、風などでしなって、あちこちに、おじぎをしてしまうのです。
特に風が強い日には、まるで、前髪のところが作りかけの小さな鳥の巣のようでした。
それを鏡で見て、前髪を立てることをやめるようになりました。

朝おきると、枕と枕のまわりに髪の毛が散らかっていました。
母がいうのです。「枕にたっくさんついてたよ。食習慣から変えなきゃダメよ。青汁なんか飲まなきゃダメ。」
大学受験のストレスから、お菓子がストレス解消にもなっていたものと記憶しています。
おなかがすけば、ポテチをつまみながら参考書を見ていたのです。

私は浪人生でした。
その日、予備校の近くの学習室を1時間500円で借りました。
入室してから数学の問題を見ていました。その問題が理解できずにいました。
次第にモヤモヤ、イライラが大きくなり、ストレスを感じていました。
お腹に力を入れました。
しかし、結果は逆でした。モヤモヤ、イライラが和らぐ事はなかったのです。
気づけばその問題だけで、1時間もがいていたのです。

大学受験生は多くのストレスを抱えてしまいがちです。
ストレスを抱えてままでは効率的な学習はできません。
ストレスが、記憶や理解を遅れさせ、その事にストレスを感じます。
悪循環です。
だから、受験にはストレス管理が重要です。

私のストレス解消法は、ジョギング。
体を動かしてへとへとになると、とても気持ちよいです。
頭への血液循環も良くなり、学習も捗ります。

ストレス解消に役立ちそうなリンクを見つけましたのでお役立てください。

20歳以上ですが、1,448人のアンケートの結果です。
自分にあったストレス解消法が見つかるかもしれません。

http://www.asahigroup-holdings.com/company/research/hapiken/maian/bn/200806/00239/

posted by akane at 17:30| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。