2012年10月15日

理系と語学系の志願者が増えている受験

いま、理系と語学系の志願者が増えています。

http://news.mynavi.jp/news/2012/10/01/066/

なぜでしょうか。
国際関係学が人気となっているのも納得がいきます。日本は人口減少で消費も先細りです。消費が減れば給料だって減っていきます。払える給料が減ればリストラだって増えてくるでしょう。最近いろんなお店で外国人をターゲットにしているお店が多いと思います。例えば秋葉の電気店などにいけば、中国語も目立つものと思います。日本で働いていたって、海外の人と会話できたり、その国の人の背景などを理解していれば、より海外のお客様との関係がうまくいくかもしれません。今後、海外に目を向けた企業についたほうがうまくいくだろうという考えのもと志願者がふえているのかもしれません。

理系が増えているというのは、手に職を持ちやすいからだと思います。薬剤師など今後も高齢化していく日本では強いでしょう。今後の日本や状況をみて、志願者数に変化が出てきているものと思われます。

さて、あなたは将来どうなりたいか、どうなると有利で幸せになるかという事を、日本がどうなっていくかという事を考慮にいれながら考えていますか?














posted by akane at 14:18| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。